危機管理広報のケーススタディ!会見をウォッチする方法

インターネットが発達した現代では、緊急記者会見などはリアルタイムに中継されることも多くなりました。他社の会見から学ぶことが数多くあるため、危機管理広報を学ぶ上でケーススタディは重要です。会見をウォッチする方法をご紹介します。

会見がウォッチできるツール3選

会見ウォッチツール3選

記者会見や緊急会見が行われていても、外出していたり、観れる環境にいられない場合も多々あるかと思います。その場合、スマホでも簡単にウォッチすることができます。

 

①AbemaTV(スマホアプリ)

株式会社AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、アプリをインストールするだけで、無料で視聴ができます。多くのチャンネルがある中で、会見は「Abema news」チャンネル内で放送されています。会見放送中は、視聴者のコメントなども見ることができます。

 

②NHK ニュース・防災(スマホアプリ)

無料でインストールできるNHKの公式アプリです。アプリでは、ニュース、天気予報、災害情報などもの中で、会見をライブしています。視聴者のコメントは表示されません。

 

③Yahoo!ニュース(SNS)

多くのニュースサイトサービスが中継をしているとは思いますが、Yahoo!ニュースをFacebookでいいね!しておくと、会見中継が始まると通知され、無料で視聴することができます。視聴者のコメントも見ることができます。

自分が使いやすいサービスでウォッチしよう

会見ウォッチツール3選(Abema news)

アプリの場合は、通知をオンにしておくと、「このあと◯時から〜〜〜〜の緊急記者会見を放送」など、プッシュ通知を受け取れるので、見逃すさずに会見をウォッチすることができます。

SNSの場合は、別途アプリのインストール不要で、ウェブでもSNSアプリ上でも視聴することができます。

ご自身の使いやすいツールで、会見をウォッチして、他社事例を研究することで、自社の備えに活かしましょう。

最後に

このマガジンを読んでいただいている方の、企業の危機対応力を日頃から鍛えるきっかけに少しでもなれたら嬉しいです。危機管理広報に関する勉強会の開催などは当社もサポートさせて頂いております。ご興味がおありでしたら、ぜひお問い合わせください。

<レイザー株式会社 お問い合わせ>

お電話でのお問い合わせ: 03-5953-7008

(営業時間 9:00〜18:00 /土日祝除く)

フォームでのお問い合わせ:https://form.run/@razer

 

危機管理広報トレーニングプログラム「KIKI(キキ)」は、企業が万が一の時に対応できるよう、体制構築、マニュアルの整備、トレーニングなどの訓練をサポートするプログラムです。詳細は下記のバナーをクリック!↓↓↓

CONTACT各種のお問合せ

TOP